赤ちゃん肌化粧水

赤ちゃん肌から遠ざかってしまったお肌を化粧水で正しく導く

"赤ちゃん肌"はあこがれるフレーズですよね。
大人になって年を取るほど、ニキビ一つ無い健康的でキメの整った赤ちゃん肌がうらやましくなります!

 

リプロスキンは理想の美肌『ツヤ肌』を手に入れるために、まずは有効成分が浸透しやすい肌を作りましょうね。という化粧水なんです。

 

具体的にどういう事かと言うと・・・
通常は弱酸性のお肌に"魔法の化粧水"リプロスキンを使う事で、一時的に中性〜弱アルカリ性にして、お肌を柔らかくしてしまうわけです。

 

化粧水でお肌をガチガチから滑らかに整えます。

 

イメージとしてはこんな感じです。

 

 

そして毎日朝と晩に1回ずつ、しっかりケアを続けていけば、下の図のように赤ちゃん肌に導いてくれるという事ですね。
赤ちゃん肌スケジュース

 

 

弱アルカリ性ってなに?

みんなが羨む赤ちゃん肌を手助けする化粧水

弱アルカリ性体質は健康の象徴と言えます。

 

実は羊水って弱アルカリ性なんです。
そこで長期間つかりっぱなしの赤ちゃんのお肌はどうでしょうか?
ものすごく綺麗ですよね?

 

また、血液がサラサラなのは良い事だと聞いた事ありませんか?
弱アルカリ性体質だとそうなります。

 

血流が良いという事は体全体に栄養素をスムーズに運べますので、結果的にお肌も健康になるんです。

 

弱アルカリ性の体質を手に入れるには、お野菜やすっぱいもの(酢・れもん・梅干など)を食べれば良いのですが、多忙でついついバランスの取れていない簡単な食事や、大人の場合どうしても付き合いなどで外食する機会がどうしても増えてしまいますよね?

 

そうなると体もお肌もどんどん酸性になってしまいます。
赤ちゃん肌からどんどん離れて行ってるんです・・・

 

血液の循環を良くすれば、老廃物も運んでくれますし免疫力も上がります。
ニキビはお肌の病気なので、免疫力が上がるのは非常に重要ですよね!
また、体も丈夫になるので病気にもなりにくく、疲れにくくもなるんです。

 

リプロスキンには外からケアしてもらい、いち早く理想のお肌を手に入れるために、私たちは今よりも少しでも良いので食事から見直してみましょ〜

 

 

リプロスキンでニキビ跡を治した口コミ TOPに戻る